2017年5月6日土曜日

EZLIP PRO 4Cスパイダーにプロ施工で取り付ける

汎用リップスポイラーに分類される商品はたくさんあるが、ぶつけたりこすっても大丈夫そうな、ディフェンス力の高い、柔らかい素材ということになると限られてくる。
その中で最も知名度が高そうなのが、アメリカ製のEZLIP。(公式サイト)
これを我が4Cスパイダーにも取り付けてみることにしました。

ネットはもちろん、カー用品店の実店舗でも販売していて、気軽に買える。
私はスーパーオートバックス東雲で購入。9504円。

標準品の他、色のついた「カラー」、大型の「PRO」などのバリエーションがある。
どうせならデッカくいこう、と考え、私はPROを選択。

取り付けについては、みんカラを見ると、自分で施工している人が多いみたいだが、不器用な私はお店にやってもらう。
まずは、車を持ち上げて施工しやすい位置まで持ってくる。
ただでさえ車高が低い4Cですが、私の場合、車高調で20ミリダウンしており、車高が低すぎてジャッキが入らないので、車輪ごとあげます。

持ち上げたら、マスキングテープをつかって、左右対称になるように位置決めをしていきます。
本体を張り付けた後は、ヤスリで端面をきれいに加工。
ここまでやってもらって工賃は6480円です。人を使って機械を使ってこの価格はリーズナブルだと思う。
この価格設定で固定費回収できるのかな?ピット事業の原価管理手法が知りたい。
店舗売上のためのコストセンターと割り切ってるかもしれないが、上場会社だし(東雲ってオートバックスセブン直営ですよね?)キチンとやっているはずなので。

施工後の仕上がりはこんな感じ。
さすがプロですね。きれいな仕上がりです。

4Cはリップ部分も複雑な凹凸があり、どうしても断面の確度が水平に近くなったり垂直に近くなったりしてしまうようです。EZLIP標準品に比べ、そもそもPROの方が地面に対し垂直に近いので、できるだけ水平にしたいなら標準品の方がよいですね。

装着後は先端部は40ミリ程度地面に近くなっているわけですが、かなり柔らかいので、遠慮せずガシガシこすってます。なので、いつかは剥がれると思いますが、本体を守るための消耗品と割り切って使えばストレスなく、いい感じです。

アルファロメオ4Cスパイダーに関する他の記事はこちら →その他の記事のリンク

amazon