2016年1月16日土曜日

免許取消 聴聞会 (12点9万円、累積15点)

免許取消の対象になり、裁判所、警視庁での聴聞会、てな具合に色々体験したので、忘れないよう流れを書いておきますよ。

スピード違反で12点の違反があり、いわゆる赤キップをくらいました。
高速道路での50キロ以上オーバーです。

交通違反を犯すと、行政処分と刑事処分がまっています。
これは別々に処理が進みます。
まず初めに動きがあったのが、刑事処分の方。
刑事処分については、裁判所に行きます。
受付に行くと、当日の流れが分かるこんな紙を渡されます。親切です。

この紙にある通りの内容で進んでいきます。

1警察官の取調べ
 ↓
2検察官の取調べ
 ↓
3裁判
 ↓
4罰金額決定
 ↓
5支払い
 ↓
6終了

という流れで、私は午前中だけで終わりました。
半日見ておけば十分そうです。
裁判所のみなさんは、敬語で対応してくれるし、紳士的。
お客さんって感じの扱いです。
結構待ち時間があるので、私は途中で裁判所外の喫茶店でゆっくりしてました。
裁判では、事実確認があり、その後発言を求められ「反省してます」とだけ発言。
法律的には「10万以下の罰金か6ケ月以下の懲役」ということですが、私は9万円でした。
これで刑事処分は終了。

あとは行政処分なのですが、、、これはなかなか連絡が来ない。
連絡が来たのが、違反から3ヶ月経ったころ。

3か月たって自宅に警察から封筒が来た。
遅い!待ちくたびれたぞ。
封筒をあけてみてみると、行政処分「免許取り消し」処分に対する聴聞会について、と書いてある。
ん?免許取り消し?
裁判所でも「行政処分は別途ありますから、待っていてください。今回は50キロオーバーで、行政処分は12点、免停90日ですね。」と言われて、すっかり免停90日、講習受けて30日と思っていたところ。
ここで、実は免許取り消しなことが判明。
どういうことかというと、私の場合、過去の違反があり(すっかり忘れていた)、今回の12点を加えると合計15点。 これだと一年の免許取り消しです。(前歴0の場合)
これはキツイ。30日と一年はだいぶ違う。
行政処分と点数の表はこちら
で、聴聞会なるものがあると書いてある。
意見ある場合は述べられるらしい。
でも平日の日中だな。これ、平日の日中の時間つぶしていく意味あるのか?
と思いググってみると、意味ある派、意味ない派、双方の意見がけっこうある。
どちらかというと意味ない派の方が多い。
うーん、じゃあムシでいいかな、と思いつつ、、、
聴聞会の場所を見てみると、意外と職場と近い。
ならちょっと仕事抜けて行ってくるか。ということで聴聞会に出席。

場所は桜田門の警視庁。
係の人は鮫洲から来ているみたいですね。普段警視庁に勤務している人ではなさそう。
20人くらいが集合場所にいます。一斉に聴聞するみたいですね。
まず、それぞれの人たちに対しての事実確認から始まります。
スピード違反の人だけかと思ったら、酒気帯び、死亡事故、色々な人が一同に会しています。
死亡事故、、、ヘビーだなぁ。。。
なんだか気が重くなると同時に、自分も重大な違反者であることを改めて自覚・・・
公安委員会の人が判事役みたいな感じで登場すると、ここからが本番。
みんな結構必死に言い訳します。
プロのドライバーの人もいて、生活かかってますからね。これは鬼気迫るものがあります。
「それはないだろwww」という笑っちゃうレベルの言い訳から、自作の反省文を持ち込む人まで、さまざまです。
私は言い訳ゼロ。ただ反省してますとだけ伝えて、簡単な質問があって終わり。

結果は、一年の免許取り消しが、180日の免停に減免されました。これなら講習で90日まで減らせます。
スピード違反の人はだいたい減免されていて、酒気帯びや人身事故の人たちは減免されていない感じでしたね。
全員分確認したわけじゃないけど、だいたいそんな雰囲気。
あと、他の人のブログとかによると、初回は減免の可能性が高く、2回目になると減免の可能性はかなり減るっぽいですね。初回の人はとりあえず聴聞会行った方がいいですよ!!
言い訳の内容はあんまり関係ないような印象を受けましたよ。






























amazon